トレンドハンターデイトレード養成塾

独自のスタイルで日経225にリアルタイムで挑戦しています、実績は日々専用チャットにて公開しています。

誰もがトレードマイスターになるために

相場の世界に参加することは容易ですがこの世界に生き残ることのできる人は僅かです、自己の技と心を磨き相場の世界で生き残ることを目標に、いや勝ち続けることを目的に不変のスキルを求めて日々精進するブログです。 ザラバのトレードは現在公開していません専用チャットで参加できますのでお申し込みください

不確かな世界で生き残るには・・

いつも何か確かなものを探している、自分のトレードのよりどころとなる確かなものが欲しい。それさえ掴めればトレードは安定したものになり夢に近づいていく、多くの人はそう思っています。経済指標は正しくとも未来の何を証明するのかアナリストは分析するが正しく未来を予想はできないまれにあたることもある。しかしこれはサイコロを振るのと同じくらいかそれ以下・・・
ニュースを見ても為替を見ても人より先に自分だけが知ることはできない。
それでもがんばってあるストーリーを組み立てても相場が始まってみれば迷いの中に埋もれてしまう。
何一つ確かなものはない・・・・・
どうすればいいか、どこにあるか?
誰が知っているのか?
確かなものがないと言われる相場の世界で確率を追い求めるプログラムにはなかなか勝てないが、しかし共通することがある・・・・・
自分自身の中にルールを持っていることだ。自分自身が固まっていればふらつくこともなく少しは先も見えてくるだろう・・・・・
少なくとも対応ははっきり決まってくるはずだ・・
自分が固まっていなければ一層この世界は見えなくなってくる・・・・・
まず自分を固めろ、ルールでしっかり縛ってふらつくなよ言うことか・・・・
LCができない苦手などと言っているうちは勝つことはできない。サイコロの確率よりも勝ちたければ自分を固めるしかない・・・・
それからがすべてだ先に来るものはない。
少し酔っていますかな・・・・・先を知りたがる人が多いがまず自分が固まっているかに注意を向けるべき・・・・

確実な安心を売買するか?

誰もがエントリーに際しては確実と安心を求める。様々な指標がそれを記したときに、まさにここだと思って自信を持ってエントリーする。またはこれに近い状況を常に探している。それは仕方がないと言えるし当然でしょう?
しかし私は安心から不安への売買(確実性から不安、不確定)ではなく不安、不確定から安心確実確定へのトレードを目指しています。不安不確定からのエントリーから確定でのエグジットと言う流です。
何故か逆でしょう?といわれそうですがもともと不確定なものしかない相場の世界で確定されたものは過去となりチャートに記されます。それを確実生と誤った見方をすれば過去しか見えなくなります。不確実な未来を見るためには不安と不確実な世界に自らの相場ストリーとなる地図を抱えて進んでいかなければなりません。相場と博打の違いは何時でも修正が効くと言うことです。やり直す、修正できるという柔軟な心さえあれば正しき道(未知)を見失わず進んでいけます。こだわりを持って執着すれば断崖から墜ちることになります。
不確定から確定の間が利益となる事を知っている者は常に修正できる柔軟な心を持っています。執着しかない頑迷な者は何時でも裁量にしがみつき目の前の淵に気がつきません。
道に迷う者は素直に元の道を戻る者と、このまま行けば何時か正しき道に出会うはずと過去の労力を惜しみ淵へと歩みを止めません。地図を持つ者は誤りに気がつき帰る道が解ります。地図を持たない者は感と過去の根拠無き自信を頼りに進みます。これは1日の間でも言えますが数ヶ月に及ぶあるいは数年に及ぶ長い期間でも言えることです。何故かというと心という働きの中には時間という積み重ねが反映されにくいからです。
逆に考えれば修正は(立ち直り)一瞬で済むものだとも言えます。・・・・
こんな記事でもお役に立てば応援の1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ



この時期は手数が必要

最近相場が動いて居ると表現できる、チャートではそれほど変化はないが以前は1時間も2時間も動きが無いときもあった。昨日のように値幅自体はさほど大きくはないが板が動くというか回転があり当然出来高が増えているわけです。デイトレとしては最適なトレード環境がやって来たと言える。しかし性格が慎重で良く考える人は滞留時間がないというかチャンスと言える時間自体が短く回数は増えても実際に注文を出すクリックが出来ない。決心したときには板が動いてしまっているか指し値が入らないということになる。また板が上下に良く動くので我慢できずにLCに追い込まれる。利益を大きくするには長く引っ張ることだと思い勝ちですが?実際は回数を増やすことです。相場環境が良くなると自然にトレード回数も増えてしまうものですが、やはり基本が出来ていないと逆に回数が減ってしまい相場の傍観者となってしまいます。
同じ値幅で動く相場でも回転が聞いているとより大きな利幅があります。相場は今は調整していますが、相変わらず出来高、回転も利いてLCからの回復も早くできるようになっています。塾生のトレードを見ても感じますがこの時期には考えることよりも相場を感じて恐れずに手数を増やしていく練習が有効だと思います。

敵を見つけることが先・・・・

養成塾を始めた頃には指導内容にメンタル的な指摘も多く一部には(そんなことよりも勝てる方法を直接知りたいのが目的でメンタルや性格的な指摘は余分な事で自分でも知っています)と言わんばかりのやりとりもありました。ブログでも浪花節的な記事も多く?分かりづらいと言うご批判も頂きました。あれから2年近く経ち最近の塾生同士による会話の中で良く耳にとまることは相当な部分をメンタルについて触れています。
生身の人間が生活を賭けて?欲と不安の葛藤の中で毎日戦っています。普通は敵は自分以外の者ですが?相場の世界では何時の間にか自分との戦いになってしまっています。敵に打ち勝つ前に自分との戦いに疲れてしまいます。自分を味方に付けて敵と戦わなくては到底勝つことは出来ませんが殆どの人がその前に疲れて敗れてしまうのです。ロスカットが恐くて出来ない・・・・・・
相場は勝ち負けは常に混在しますザラバで勝ち続けることは出来ません。LCは負けを予め決めて対応することで心の葛藤を打ち消しています。LCをきちんと出来る人は前向きです。先に負けも認めて次の展開を指向する心の余裕があります。LCを恐れて出来ない人ほど引けてみれば大きなLCを毎日計上しているはずです。以前毎日負けている人は今日も負けるでしょうから割り切って今日は100円負けてみましょう?と言うことで負ける事が目的となるトレードをしました。結果はいつもと同じようなものでした?(上級者はきちんと負ける事が出来ます)
結局恐れていた者は何だったのか負けようとしても同じ結果であれば敢えて恐れることもないはずと言うことでした。しかしだからといって次の日からLCの不安が無くなったわけではありません。長い間に刷り込まれた感情は理屈では感単に消えてはくれません。いつも言うように毎日10円でも勝つことです。
時間をかけてポジティブに心を作り上げていくしかないのです。
今やっている10円トライアルも皆さん頑張っていますが、感単には行かないようです。月に1000円近い実績を上げる人でも、このトライアルに取り組むと
メンタル適にキツクなり失敗を繰り返します。なぜと思う方は取り組んでみると分かりますが10円の勝ちで止めることも簡単ではないです。欲が出てマイナスに落ち込み取り返そうとしてさらに大きな欲が出てきます。時間も無くなり焦りが出て無謀な玉を持ち続けます。普段は何でもないように思えることが出来ないというジレンマが平常心を揺さぶります。LCから素直に出直す、切り返すと言うことが淡々と出来る様にならないと難しいのですが、極めて貴重なことを教えてくれる練習法といえます。

反省することからの脱皮

今日のような一方向のトレンドが続く日は大きくもうけるチャンスでもあるが毎回逆張りを仕掛けて失敗するパターンに嵌ることも多いのも事実です。
連日1万円を目指して超えられない、前場高値を付けて後場売られる展開が続いて居る、外部環境は悪くはないが良い材料には反応しないという動きだ。SQ前とあって目標ははっきりしていた。1万円を超えるか?9750円を目指しての動きかですが、1万円は近くても連日越えられない領域今日も同じ動きが出るだろうが950円から980円の節が重いのは分かっている事実です。これをどう抜けるか抜けられないかが判断の分かれ目です。抜けられなければ下の目標に向かう公算が大きいと考えます。今日も高く寄ってから最初の高値が950円の節早くもそこで重くなり一旦910円まで押されます。950円はESの引け値の10円下ですが持ち合いの下段となります。ESから見れば既にショートですがザラバではGUとなっています。トレードハンターの手法では既にショートでここからも戻りは弱く950円を抜けないだろうと読みます。
実際は950円の髭を出し順次髭を出しながら下落していきます。前場はこの910円の板での引けとなりますが後場もこの地合を引き継いで始まります。
ブログで後場は下目線ですと書いたのはこの理由です。1万円を想定する構えがあれば後場の寄りで見せてくるはずと読んだのですが寄りは弱く下落の可能性が大きいと感じました。この段階で乗り遅れると逆の考えを持ちたくなります。戻しを期待しての底値探りです。逆張りで失敗する人は必ず乗り遅れた人です。
この段階では戻すという感覚は持てない動きです。感単に900円の大台を割り込み下げていきますが850円は堅い節と思われます事実長い時間をここでもみ合いましたが?我々の目標とするポイントは獲得できずにさらなる下落が想定されます。見た目は850円に1200枚の玉が並び感単にくずれそうもない雰囲気です。13時36分からは上を買う動きもなくなり時間待ちの?
段階に入りました。ここでもチャットでは話をしていますが塾生にも中々同意が得られないようでした。700円台まで下げるのが狙いと呼んでいましたので860円売りを堅持して待ちました。この間にも何度となく買いの逆張りを繰り返した人はもう売れない気持ちになっていますのでさらに850円の節を割ってくれば損きりの追い風が下落に拍車をかけます。
790円の安値を付けての安値引け既に戻しの時間を過ぎての安値引けの想定でした。
ここまでは流ですが引けた後で毎回同じように反省し今度同じ展開があれば上手く勝てるのにと思う人は多いはずです。しかし毎回言うように又同じ事を繰り返すのです。反省の繰り返しから抜け出るには行動を変えなければなりません。心で思うことはいつでも変わるものです。行動を紙に書いて指示しマニュアルとしてPCの前に張っておくことです。LCとは正しい方向を教えてくれるものでもあり1度失敗したら立て直す心の素直さが必要です。紙に書いても守れなければ辞めるしかないと言う決断も必要です。自分の考えや思いが優先してしまうのですが、それは実績のないものです勝てないのですから負けたという逆の事実が実績なのです。証明された実績に基づいて素直に従うべきです。根拠のない思い込みで損を増やしてはいけません。

無意識の反復練習

相場は勝つことと負けることの2種類しかし負け続けることと勝ち続けることは容易ではないはずですが負け続ける人がいて勝ち続ける人も居ることは確かです。
1回負ける2回負けて3回目も負ける、しかし大引けには勝っている今日は負け明日も負けしかし月末には勝っている、まあこれはあまりよい例ではないだろうが同じように1回勝っても次は負け勝ち負けを繰り返し合計ではいつも負け今日勝っても明日は負けなんて人が多い100円負けても100円勝つ日もあるだから自分は100円勝つ実力はあるものと考えるしかし続かないだけと?そうだろうか・・・・・・・・・スポーツであれば努力して才能も持ち合わせ結果が出せるようにならないとご褒美はない、しかし相場は初心者でも時に飽きない程度にご褒美をくれます、それが実力や運が良い人間だと間違った世界に引き込むことになりますスタートにいたはずなのにだいぶ背伸びした地点からスタートしようとします
100円勝って120円負ける事はどういう事だろう100円勝つことと120円負ける事を区別して考えると誠に都合の良い夢ができあがります麻薬のように現状から抜け出せない理由がそこにあります正しい手法も後戻りに思えて素直に従えません
100円勝ってから120円負けるまでが1つのパターンです繋がっています100円勝って止めればいいと思いがちですが本人はそうしたつもりでもどうしても負けるところまで繋がってしまいます100円でなくても同じで10円勝って20円勝って20円負けて20円負けて終わる今日勝っても明日に返金することになります・・・・
負けるまでが本人の手法でありパターン化したトレードになっているわけです
部分的に切り取って良い方に考えれば立派なものもできあがります。
しかし勝つ場面だけを切り取ることは出来ませんので負け組の手法に毎日磨きをかけて仕上げているわけです毎日のトレードは練習と同じです間違ったやり方は間違ったトレードの練習です皮肉なことですがそういうことです。
今勝てていない人はこのことを肝に銘じるべきでしょう昨日のチャットにもありましたが今負けている人は過去の勝利を思い浮かべますあの頃は勝っていました先月は調子が良かったと?トレードは未来に振るサイの目を当てるゲームです未来を予想してその確率を優位に運ぶスキルがなければいけないわけです
そのスキルを持つ者は当然過去も勝利しかないのですその時の体調や相場の地合に関係なく勝つことが出来ますですから過去を振り返りません
勝って終わるスキルを持たないと毎日負ける事の循環から抜け出ません。

負け組トレーダーの定石

昨日は塾生らの意見も聞きながら質問などもしてみましたが、その中で相変わらずですが感じたことをまとめてみました・・・・
相場に参加する人は誰でも自分で万全と考えられる範囲で情報を集め使い慣れたツールを準備して相場に挑みます今日は昨日と違う新しい1日に気分も一新して新鮮な気持ちです、朝の情報からダウ下げ為替が円高これは目で見える情報でもあります米国国債の格下げに言及したはなしGM破たん?今日の相場が下げるという方向が頭の中で固まってきました少なくとも100円くらいはとれるだろうなどと邪な考えも浮かびます?寄り付きもGDで寄りそうです・・・
しかしGDで寄ることが事前の情報をどのくらい織り込んでいるかということまでは頭には無いようです、これは寄り直後に表れてきます100%織り込むなら寄り天と逆で底打ちから反発するわけで、概ねこの時間的範囲を1Bの収斂するまでとみています、昨日の様に寄りから十字を切って戻し始める動きにどこで戻り相場と気が付くかです?
そんなはずはないと売りで挑む人はことごとく踏まされたわけですが寄りからわかる人CMEを超えたあたりで気が付く人17分に十字を付けてからの押し目が軽い事を感じた人40分に140円円を切らない強さで上を感じた人52分に180円を超えた時に買いで入った人などですが、私も違和感はあるものの確信に至るまでに時間を要しました、売りも買いも同時に攻める人は特に長いスパンで考えてはいないこともありますが?
乗り遅れた人は気持ちを立て直す前に押し目を狙って買うという考えが及ばずあくまで天井を探し始めます、この方が朝のまとまった考えに沿うからですが
押し目のない上がり方に戸惑い焦りが出てきます、そして10時20分に髭を出し軽い押し目を作ります比較的長い時間をかけるので絶好の売り場と考えます、ここは1日前の長時間膠着した価格帯で相当の出来高もこなしました、すんなり抜けてくるところではありません230円を挟んでほとんど押し目もなく270円に進みます、ここから踏まされた人が前場の引けでオーバーランチして買いで逆転に賭ける人です、ここまで利益を出した人はここで利確してゆっくり昼食となります、そして後場は前場の勢いがないと感じて売りで始めます・・・・・
こんなパターンのトレードが多かったように見えました・・・
大切なことは、この経験は生かされないということです、ずっと以前にも書いていますが、塾生にも数回同じ話をしていますが今回100円以上の利益を出せた人はいませんでした、きっとまた次回も同じ展開で同じように負ける人がいるはずです、どうしてでしょうか?口で言うように失敗の経験は逆に生かされないのです、スケートで同じコーナーで転べばトラウマの様に又同じコーナーで転び、ゴルフで右OBで谷があればそこに打ち込み又同じコースで同じように打ち込みます、理論や指標を見て感じることでも自分の気持ちに合っていないと素直に認めることができないのです自分が最優先です、毎回負けても同じことをやってしまいます。
どうして?と聞くと誰もが・・・・・・・そう思ったのでと・・・・
人気ブログランキングへ
応援お願いします

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

トレードジプシー?

ロスカットについて又自分の考え方を取り上げてみます・・・・・・・
順張りが苦手で逆張りばかりやってしまう人もLCは基本的に順張りです、逃げていく玉を追いかけていくわけです?この時にだれもが最小の範囲でLCしたいと思います、指値で買い板に注文していくと間に合わずさらに上の板に移動します、これは急騰中に指値で追いかけていく場合と同じで約定しにくいものですLCのタイミングは新規建てのタイミングと同じでトレンドが転換したときに逆張りになっている玉の整理ですが、それ以外のLCは見間違いということになります、つまり板が上下に振れたので怖くなり損切り、あるいはエントリーの位置が甘いために逆指値にかかってしまったなどです、これは自分がトレンドを把握していれば防げる(耐える)こともできます。
塾生のトレードを見ていてもエントリーは上手くできる人も、(動物的感の優れた人もいますが)クローズになると迷い利少損大になる人が多いものです
市場の参加者はみな同じ指標を見ていますツールについては違いや好みもあるのでそれぞれですが、基本の指標となるものはチャートと板です、他のものはそこから発生した副産物のようなものです、ですから指標に従うということは皆が同じ動きをとる、同じトレードをすることに繋がっていきますしかし、勝敗は圧倒的に一部に偏っています?なぜでしょうか、答えは同じ指標から別の考えや重い発想をしていくからです、もっと上がるだろうもう下がるだろうと別々の気持ちを抱きます・・・・・
結局はどんな指標やツールを利用しても自分の気持ちから脱出できていないことになります、本人はそういうつもりではありませんが?稀に上手く勝てるとツールの信頼性が上がり暫くはのめり込むことになりますが、いずれ結論は出てきますジプシーの様に多種多様のツールを試しても結果が出ませんシステムトレードが上手くいくように思ってもデイトレ以上にメンタル面にストレスがたまり素直に従うことができません、スイングでも同じですデイトレができない人は、その他の手法に逃げたがりますがそれは間違いです数分の迷いに勝てない人が数日の迷いに堪えることはできません、ではどうするかと言うとまたジプシーにもどりさまようことになります。
まるで人生の様ですが・・・・・・・・・・・・・
GW中にランキングが下がってしまいました応援お願いしますランキング20位以内がモチベーションの限界ですブログを継続していくエネルギーとなります

ご支援お願いします
人気ブログランキングへ
応援お願いします

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


17日のまとめ

昨日の上げが記憶に残り下目線から後場の上昇には付いていけない人が多かったようです。
後場はリアルタイムチャットで塾生やOBの方たちと一緒に盛り上がっていました、元来トレードとは孤独なものですが一緒にやるという感じが意味はないのですが安心感が出るようです
塾生からの質問もあったのでここで説明しておきます
基本と言うものはすべてのものにありますスタンダードと言ういいかたもあります原形でもいいのかな?しかし確実な方向や数量を示すのでは無いのですが
考えたり予想したりの基本となるもので絶対に矛盾はありません振り返れば全てが基本どおりということです、基本は間違えることはなく自分が読めなかったことになります、読むための幾つかの伏線となるものがあります選択することがトレードです選択した結果が利益となるために修行があります、すべてを正解とすることはできません一定の確率で正解となる選択ができればいいわけです、以前も言いましたがテストと同じで常に時間という制約の中で結果を出さなくてはなりません、間違った選択は修正すればいいのですが(間違った時には正しい方向が分かる)人間はそれを素直に受け入れることができなく固執します
待てば解決するものと思いたい場合です待って正しいものに戻るならばそれは最初から正しい選択です間違えたものは戻りません、自分が読んだ範囲でのことですが、それ以外の戻りは選択ではないので初めから問題外です、しかしこの問題外のトレードでも利益は利益として手に残るものです、これが間違った経験として傷を深くしていきます
基本通りにやったのに勝てませんと言います、やったのと出来たのは違います
それが証拠に今日のチャートを見ても基本と矛盾はありません・・・

8日のまとめ

SQ前で調整ムードに拍車がかかり少々気になるところまで下げてきたが今週の相場はこのまま上げ上げのムードが継続するかどうかの分岐点になりそうだ為替もさらに円安は手を出しにくいところでしょう時間をかけてのさらに上値を追うか8000円割れまであるのか?節目も多くトレンドの目標は多くあり分かりやすい展開だが、塾生のトレードを見ても、また初心者にありがちですが
ボラの大きな利益の出やすいところを見逃して相場が一服した膠着状態の方が動きが遅いせいか手を出しやすいようで、敢えて難しいところでエントリーする人が多い、こういうところは取れても小さくリスクは大きくなる、どこかでは勝負しなくてはならないがリスクは20円30円で同じならチャンスの大きなところで挑むのが効率が良いし勝てば喜びも自信にもつながる・・・・・
ほとんどの人がエントリーは遅くすでに利益を20円30円と消失してからの参加ということを踏まえると10円でも難しいところで3勝1敗でトントンと言うところか?利益の方向とはトレンドに対しての順張りであってトレンドの大きい前場の方がチャンスと言うことになるトレードにおけるミストレードとは単純に逆張りであることを徹底して考えてみてほしいトレードはトレンドに常に順張りにポジションを取ることでそれに尽きる。
人気ブログランキングへ
応援お願いします

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

«  | HOME |  »

誰もがトレードマイスターになるために

相場の世界に参加することは容易ですがこの世界に生き残ることのできる人は僅かです、自己の技と心を磨き相場の世界で生き残ることを目標に、いや勝ち続けることを目的に不変のスキルを求めて日々精進するブログです。 ザラバのトレードは現在公開していません専用チャットで参加できますのでお申し込みください

為替


最近のエントリー


リアルタイムチャット会員募集

トレンドハンターザラバリアルタイムトレードを会員制チャットで行っています。トレードの指導なども幅広く行っています。申し込みはメールでお願いします。

カテゴリー


月別アーカイブ


養成塾リアルタイムチャット

ザラバリアルタイムトレードは専用チャットで公開しています。会員制ですが希望者は申し込みください http://chat.mimora.com/common/chat.mpl?roomnum=336776

検索フォーム


リンク


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

応援お願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

ツイッター始めました


デイトレーダー養成塾  募集中

今までの売買履歴を分析し、問題点を改善することで、負けないトレーダーを目指し指導します、これは私の指導方法のスキルアップを兼ねて、日経225デイトレードのプロになりたいと言う方の希望をかなえるためのものです。有料サービスですが希望者すべての方にと言う訳には物理的にも行きませんので、申し込みをいただいた方に簡単な質問にお答えいただき、私の手法が向いていると思われる方に、私が実践している手法と理論を分かりやすく指導いたします。 マニュアルとリアルタイムチャットによる実戦指導、OBを含めた塾生同士の学びあいと言うものもあり、相場の心理を深く知ることが出来ます。他では期待できない深い内容は好評を頂いています。 お問い合わせはメールフォームからどうぞ、時間的制約のある方も、回数による受講ですので大丈夫です、チャットによる指導もあります。

トレンドハンタートレードマニュアル

トレンドハンター式トレード法のマニュアルです
トレンドマイスター養成塾で使用するトレード手法マニュアルを基に分かりやすく解説に手を加え,パワーポイントで、スライド形式で閲覧出来る様にしました。養成塾に費用の面で入塾できなかった方や、時間的に継続して添削指導を受けられない、という方も多いのが現状です。養成塾は指導マニュアルと添削指導、リアルタイムチャット指導、がセットになっていますが今回のマニュアル指導は、」添削指導を省いたもので、サイト上でのマニュアルを読んで、トレード手法を学んでいただけるものです 自力で学習したいという方には最適です。希望の方はメールフォームより申し込みください。

プロフィール

子供の頃より家業が2度も倒産をし人生とお金の関わりを子供の目をもって知ることになる。成人してからは事実上一家離散状態になるも起業家精神が旺盛で30数回の転職ののち自立し自らも倒産の憂き目にあうが再起して現在にいたる投資歴は20年以上1か月で7倍の投資実績を上げるもその後の2か月で0に戻る、幾度の失敗や挫折を経験するも、縁あってトレードの職人とでも呼べるような師との出会いがあった、以来個別株式と離別し先物の世界に入る、自らの投資スタイルを確立し現在は米国オプションも手がける。 近い将来の夢として社会の片隅で実力を持ちながらも不遇に喘ぐ若者や人生の盛りを過ぎても様々な不合理により生活の基盤を失いつつある不運な人に自らの資金をもとに投資の世界を体験、勉強できる施設及び団体の設立を目標にし、自らの力で再び社会に胸を張って復帰出来るような機会を作ってあげられる仕事をしたいと希望している。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


当ブログについての免責事項とご注意

当ブログは自らの力で相場の世界で生き抜くためのアドバイスや指導を致しますが、投資の勧誘や売買の指示等はいたしておりません、またブログ内に掲載されている情報をもとに売買されても当方は一切の責任を負うものではありませんので予めご了承ください。

塾生の成績ランキング